アスカネットLOG

ネットビジネスの実践記や日々思うことや購入品・お気に入りの紹介など

格安PCスピーカーCreativePEBBLEが想像以上にいい

投稿日:

スピーアカー

こんにちはアスカネットの飛鳥です。
今回は2000円以下のパソコン用のスピーカーを買ったので紹介します。

Creative(クリエイティブ)というメーカーのPebbleというスピーカーです。

以前使っていたパソコンは、パソコン本体とディスプレイスピーカーが一体になっているものだったのでスピーカーは必要ありませんでした。

また動画の編集などする時はヘッドホンをして動画の編集をすることがほとんどなのでパソコンのスピーカーを必要に感じることはあまりなかったので購入していませんでした。

が、最近パソコンの使用時間が増えてまた
動画の見る時間や
音声出力のソフトでの音声を聞く時間、
ビデオ通話など
パソコンの前での音を聞く時間が増えたために肩こりや頭痛がひどくなったのであまり厳密に音にこだわらない時にはヘッドホンをするのではなくパソコンスピーカーで音を聞こうと思って購入をしました。

なので音質にはこだわらなかったので安い機種から探しました。
候補としては
・Creative(クリエイティブ)Pebble


・AmazonBasicのスピーカー

・TaoTronics(タオトロニクス)のTT-SK018USBサウンドバー

がありました。

クリエイティブと Amazon ベーシックのスピーカーは2000円以下で購入できたおトロニクスのサウンドバーは3000円をちょっと切れるぐらいで購入できるという価格の安さの割には3機種とも比較的評判の良い製品でした。

どれを選んでもさほど問題はないかとも思ったのですが、
単純に見た時に Amazon パソコンスピーカーのランキングで1位だった Creative の商品にしました。
価格的に失敗したなぁ~!と思っても購入し直してもいいかというぐらいの軽い気持ちで購入しました。

たまに見ているユーチューバーの方でこれを実際に紹介している動画で音声が流れていたのですが、そこそこ良さそうな音質だったのでこの商品にしました。

スポンサーリンク

商品の説明と感想

本体と、左右をつなぐケーブル、USB Type A と3.5mm ジャックがありました。全て最初から接続された状態で取り外しはできないタイプです。

そこそこ重量もあり、質感自身はそれなりによいものでした。
左右のスピーカーを繋ぐケーブルは1m30cm位あるので、モニターの裏から左右に振り分けても長さが余裕がありました。

アマゾンベーシックの口コミを見ていると長さが足りずに置き場所に困ったという口コミをみましたので、長さが欲しい人にはこっちを選んだほうがよいかもしれませんね。

4.4wの出力で、ドライバが斜め45度の上向きなので、音がちょうどユーザーに向かって出てくるイメージです。

注意点は、USB で給電しながら3.5mm ジャックで音をとると言うタイプのスピーカーになります。
3.5mm ジャックがついていた方がいろいろ汎用性があるというメリットもありますが二つケーブルを繋げなければいけないという面倒くささもあります。

実際に使ってみての感想は、
最大音量まで近づけても音が割れることもなくそこそこ強い音圧も出たので2000円くらいのスピーカーとしては良いものだったと思います 。
上でも書いたのですが3.5mm ジャックと USB の両方を繋げなければいけないというのが少し煩わしさがあるので、それが嫌だなと思う方は USB ひとつで両方できるようなタイプのものを選ぶと良いかもしれません。

自分自身購入するときにそこまで確認してなかったのでてっきり USB で給電と音を入力する両方できるのかと勘違いしていたので注意が必要です。

-ガジェット
-

Copyright© アスカネットLOG , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.