アスカネットLOG

ネットビジネスの実践記や日々思うことや購入品・お気に入りの紹介など

6月2日TBS「教えてもらう前と後」武田真治さんの肩こり改善エクササイズの方法

投稿日:

こんにちはアスカネットの飛鳥です。
6月2日に TBS で放送された
「教えてもらう前と後」という番組の中で
武田真治さんが紹介していた肩こり改善エクササイズがあります
たった2分ぐらいでできる4種類の運動ですが、なかなか肩甲骨周りに効いて肩こりがすっきりしましたのでご紹介します 。

この肩こり改善エクササイズに用意するものは、台所などで使うボールもしくは洗面器もしくはタオルを用意します。
体が硬い人は幅を調整しやすいようにタオルなどでも良いかもしれません。
だんだん体が柔らかくなったらボールなど幅を詰めていくと良いと思います。

肩こりのチェックや実際のエクササイズ全般に言えることですが、五十肩などで肩が痛い人、また腰痛を持っている人は無理しないようにしてください。
自分自身もやってみたのですが、肩関節はそこそこ柔らかい方なのですが、腰痛を持っているのですが、腕を上げる動作の時に少し背中や腰が反ってしまうので、後で腰痛が悪化しそうな雰囲気がありましたのであまり無理はしなかったです。
テレビではいっていなかったのですが、腰痛の方は背中や腰が反らないように気をつけてください。

スポンサーリンク

では本題です。

ますビフォー、アフターを比べるために肩こりのチェックをします。

方法はシンプルで後ろで手を組みます。
左右の肘と腕が一直線になると良いです。
もっと体が柔らかい人は一直線よりもさらにヘの字みたいになる方もいるでしょう。
実際に武田真治さんがやっていたのは一直線が理想と言っていましたが、ヘの字になっていました。さすが武田真治さんです。

◆肩こりチェック方法
後ろ向きになっていると自分がどれくらい腕が上がっているのかが分かりづらいので、スマホでセルフタイマーで写真を撮ったり動画を撮ったりするのが良いかと思います。

◆エクササイズ1
ボールに水が入っているイメージで、
肘を伸ばし腕を真っ直ぐに上げて頭の上までボールをあげます。
理想は耳の後ろに腕がくるような位置関係が理想ですが無理はしないでください。

頭や、上半身は動かないように気をつけながら、肩と腕だけでボールを左右に揺らしますこれを10回します。

◆エクササイズ2
エクササイズ1と同じように 肘と腕を伸ばし頭の上にボールを持って行きます。
ボールを車のハンドルを回すように回します。
これも左右で10回ずつ行います。

この時にも上半身が一緒に回らないように、肩で回すように気をつけて行います。
◆エクササイズ3
エクササイズ1、2と同じように肘と腕を伸ばし頭の上にボールをあげます。
腕の位置はそのままの位置関係で、
胸を突き出すようなイメージで体を前に出します。
10回行います。

体が前傾姿勢になりやすいですが、体を前に倒すわけではなく胸を張るというイメージで行うのがポイントです。

◆エクササイズ4
肘を伸ばした状態でボールを後ろに持ってきます。
ボールを上に10回あげます。

この時も前に体が倒れやすいですが体を前に倒さないように注意しましょう。
勢いをつけて反動であげたくなりますが反応は使わないようにしましょう。

以上。この四つのエクササイズをしてから最初に肩こりのチェックをやった方法と同じように肩こりのチェックをしてみてください。

自分はもともと柔らかかったのでさほど変わらなかったのですが、妻は固くてベルトのライン近くにしか手が行かなかったのが、少し上に来て効果が見られました。
テレビではかなり変わった人もいましたよ。
肩こりがひどい人はやってみてください 。

文章で書くとわかりづらいでしょうから実際にやってみた動画を作ってみました興味のある方はご覧ください。

-健康
-,

Copyright© アスカネットLOG , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.