soundpeats T2進化版のレビュー 使ってわかった良かった事と残念なポイント

こんにちは。飛鳥です。
自分は、soundpeatsの完全ワイヤレスイヤフォンを以前から一つ持っていて、満足はしていたのですが、ちょっと違う形のものも欲しくなって購入してみました。
以前から持っていたものはTrueWingsという機種で今回購入はT2進化版というものです。

サウンドピーツT2の価格

サウンドピーツというメーカーはもともと低価格帯の製品を多く発売していてどの製品も低価格帯の割には口コミを見ると評判の良い製品が多いメーカーです。

今回のT2は購入時点で5000円をちょと切る価格だったのですが、父の日クーポンがメーカーのメールマガジンを登録していたら送られてきたので、クーポン仕様で約3000円担ったので買うっきゃないでしょ!ってなって購入しました。

高価格帯なものは購入したことがないのですが、5000円以下の価格からするパッケージもしっかりした作りだなと思いました。

スペックや仕様

主なスペックは
■サイズ
 イヤホンサイズ:21.717.627.74mm
 ケースサイズ:64.8028.7041.70mm
 イヤホン/片側重量:約5g
 充電ケース重量:約45g

■再生時間・充電時間
 バッテリー:55mAh*2+370mAh
 イヤホン再生時間:約10時間
 充電ケース併用:約30時間
 イヤホン充電時間:約2時間
 充電ケース充電時間:約2時間

■防水レベル:IPX5

■仕様
 Bluetooth規格 :Bluetooth5.1
 Bluetoothプロファイル :AVRCP A2DP HFP
 チップセット :Airoha社AB1562A
 オーディオコーデック :SBC、 AAC
 最大通信距離: 最大10m

となっています。
コーデックがSBC,AACのみの対応なので、aptxなどにも対応していてほしいなとは思いました。

機能は、外音取り込み機能や、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能があり、低価格帯の割には多機能な設計になっていますが、残念ながらアプリには対応していないので、ファームウェアのアップデートなどもできないです。

スポンサードリンク

soundpeatsT2の操作方法や、説明書

本体には、多言語対応の説明書がついていますが、いくつか完全ワイヤレスイヤフォンを使ったことがあれば、なんとなく使えます。
機種が違うと操作性が違うので、全部覚えることはできませんしね。

・長押しで、ノーマルモード→パススルーモード(外音取り込みモード)→ANCもーど(アクティブノイズキャンセリング)の入れ替え
左右のどちらかのタップで音量調整、音声アシスタントくらいが使えれば自分は十分なのですが、口コミを見ていたら、曲戻しがしづらいというレビューを見たことがあります。

スペックのところでもちらっと書いたのですが、この製品はアプリに対応していないのですが、他のメーカーは低価格の完全ワイヤレスイヤホンでもアプリ対応で、操作ボタンの変更や、マニュアルが見れたりという機能もあるので、こういう細やかなところも対応してくれるとさらに満足感は上がりそうですね。

SOUNDPEATST2の操作一覧(説明書から)

T2進化版を使用した感想

もともとTrueWingsを持っていたので、サウンドピーツの製品の低価格でも音質はある程度良いのだろうとは思っていたのですが、口コミを見ると絶賛しているブログや、Twitter、You Tuberさんなどがいましたのでホントかな?とも思っていました。こういうのってサクラ的な方も多くいますしね。

■大きさについて
そして、購入して使ってみると、まずは、コンパクトさに驚きました。
TrueWingsは耳に引っ掛けるところがあるので、どうしても形が大きくなるので、ケースも大きくポケットに入れて持ち運ぶというよりは、かばんに入れておくという感じでした。しかしT2進化版に関してはコンパクトなので、常にポケットに入れておいて必要な時にさっと取り出せるという感じでこの軽さとコンパクトさはとても良かったです。

■音質や機能について
よく比較対象にされがちなのは、earfun free proや、airpods proと比べて、ノイキャンの性能や、外音取り込み機能や音質はどうという話をよく聞くのですが、さすがに、頑張って入るとは思いますが、値段相応という感じでairpods proなどのほうが、全てにおいて上回っているなと知り合いの持っているものを聞かせてもらって思いました。

それでも、全然使えないレベルかというとそんなことはなく、音質に関しては低音も深みのある音で、高温もしっかり伸びてくる音が出ていて、家と言ってガッツリドンシャリって言うわけでもないので、長時間聞いていても疲れない感じです。

・外音取り込みに関してはTrueWingsとの比較なのですが、とっても進化して、なめらかになったなと思いました。

・ANCに関しては、低音のモーター音やファンの音などがしっかりカットされて高温は聞こえるという暗示です。

■マイクについて
この手の完全ワイヤレスイヤフォンで購入時に気にするのが音質ばかりを気にする人が多いのですが、コロナ禍でリモートワークや、オンライン会議などが多用されるようになり、マイクの性能も重要になってきているのですが、これも毎日クラブハウスを使っている時に使っているのですが、友人たちは、とてもクリアに聞こえると言っていました。イヤーポッズ(アイフォン付属の有線イヤフォン)と比べるとT2はキーボードなどを打つときなどの雑音が少しカットされている印象があるようです。

■残念なポイント
・自分の耳の形に合わないのか、横に頭をフルと外れて落ちてしまう
・なぜか長押しを繰り返しているとBluetoothのペアリングが外れてしまう時がある
・片耳しか聞こえない時がある(一度ケースに戻してつなぎ直せば問題解決)

■総評
上に書いたような残念なポイントもいくつかありますが、総評としては、5000円以下のワイヤレスイヤフォンの中では多機能で、音質も良いので、いい商品だなと思いました。
ただし、落としてしまう危険性があるので、ランニングなどには使わずにTrueWingsを使っています。
通勤の時にVoicyを聞いたりアマゾンのオーディブルという聞く読書をする時に使っていてとても重宝しているので、購入してよかったなと思っています。

Amazonのオーディオブック(オーディブル)は最初の一冊は無料なのでまだの方は登録して聞いてみるといいですよ。