ボイスオーバーの使い方に困ったときは

iPhoneをさわす

こんにちは。飛鳥です。
自分は視覚障害者なのにPCやAndroid、iPhoneなどの話題を出していると、どうやってPCやスマホを使っているの?っていう話をたまに聞かれたりします。
スクリーンリーダーといい、画面に出ている文字や入力した文字を読み上げるソフトがPCにはあります。
スマホにもAndroidにはTalkBack、iPhoneにはVoiceOverというアクセシビリティ(ユーザー補助)の機能があり目の見えない人でも使えるようになっているんです。

VoiceOverコミュニティについて

iOSのユーザー補助機能で画面の状態を音声で説明してくれたり、入力した文字を読み上げてくれたりする機能がVoiceOverというのですが、使い方が結構特徴的で、なかなか最初からうまく使いこなせるという人が少ないんですよ。
で、使い方に困ることが多いのですが、clubhouseやLINEのオープンチャットなどで

ボイスオーバーをあきらめなくてよかったというコンセプトでサポートしてくださっている方々がいます。
その方々が2021年の9月にサイトをオープンしたので、ご紹介します。

ボイスオーバーコミュニティ

ボイスオーバーの使い方がわからない場合はサイトのフォームやオープンチャットクラブハウスなどで質問してみると良いと思います。かなり親切に教えてくれます。

ちなみに余談ですが、このサイトは自分が作らせていただきました。
ボイスオーバーユーザーが使いやすいことをコンセプトに全盲ボイスオーバーユーザーと何回も検証しながら作りましたので、VoiceOverユーザーは使い勝手は良いと思います。
見えない、見えづらくて困っているという人でVoiceOverを使おうとしている方がいましたら教えてあげてください。きっと役に立つ情報があると思います。